医師転職における注意事項

最近はあっさり医局を辞める医師が増えましたが、実際にところ相当な覚悟が必要になります。2004年からの新臨床研修制度導入により、医局は事実上の崩壊へと向かい、医師専門の人材紹介会社に登録をすれば、よほど問題のある医師でない限り簡単に転職できてるような仕組みが整ってきました。

そうはいっても、未だに大きな力を持つ医局。へたな辞め方をすると出身大学医局を「敵」に回すことになり、その後の転職もうまく行かなくなる可能性があります。したがって、いかに円満退社できるかが、非常に重要になってきます。

転職するための辞め方は転職サイトの医師エージェントが今まで何百人もその辞め方を見てきているので、アドバイスをもらうとよいでしょう。基本にスキルアップ、キャリアアップといった理由よりも健康上の理由、家族(両親の介護や事業引き継ぎ)、女性の場合は結婚、出産等の理由の方が辞めやすいです。

医師として転職先の医療機関を探すときに年収や休日、福利厚生などの勤務条件だけでなく、医師としてのスキルアップが可能な研修制度が設けられているかをチェックします。こうした医師を募集している病院やクリニックなどの情報は、インターネット上で多く見つけることができます。ネット上の転職サイトで、医師の転職に関する情報を仕入れることが可能です。もちろんその中には理想の職場の情報もあるでしょう。

最近では、医師が活躍できる就業先がどんどん広がりつつあり、民間企業などでも重宝されるようになってきています。2004年に研修医制度が新しくなったことで、フリーと医師も増加傾向にあります。

医師の転職においてはできるだけ転職サイトにある複数の求人を参考にし、医師エージェントに希望をしっかりと伝え、無力的な求人を見つけることが大切です。医師求人専門の転職情報サイトでは、他にも病院見学や高級ホテルなどでのセミナー、パーティーなど行うこともあり、より良い職場に着くためにこうしたイベントを積極的に活用していくことも必要でしょう。

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_m